ジュニアドクター育成塾とは?

ジュニアドクター育成塾は、文部科学省所管の科学技術振興機構(JST)が行っている事業です。将来の科学技術を先導する人材の育成に向けて、理系の優れた能力を秘めた児童・生徒を発掘し、その能力を育てるための取り組みを行っています。

舞鶴高専は、令和元年度より、全国の教育機関の中からこの取り組みに採択されました。舞鶴高専では、才能を開花させる機会を待っている北近畿地方の小中学生たちに、科学技術との触れ合いや、さらに高度な研究課題への取り組みの機会を提供することで、未来の科学技術ハカセとなるお手伝いをします。

プログラムの紹介

育成プログラムは二段階に分かれています。

受講1年目の第一段階プログラムは、約40名の受講生を対象に実施します。第一段階の取り組みを修了した受講生の中から、特に優秀な受講生を約10名選抜して、受講2年目より第二段階プログラムを実施します。

応 募

第一段階プログラム

約40名の受講生を対象に実施

第二段階プログラム

第一段階を修了した受講生から10名を選抜し実施

第一段階プログラム(令和元年度に実施)

第一段階の教育プログラムでは、基礎学習や発展学習、科学に関する講演や施設見学などを通して、理学・工学の様々な分野について学習し、自然現象に対する優れた観察力、幅広い分野への関心と論理的思考力、表現力の伸長を目指していきます。

第二段階プログラム(令和二年度に実施)

第二段階の教育プログラムでは、研究室配属によって興味のある分野の研究を行い、研究成果の発表や、コンテスト参加などをめざします。また、海外からの留学生との交流の機会を持つことで、多様な感性と国際感覚を養います。

第一段階プログラム内容(予定)

実施予定日 講座名 内容
8/17
(土)
入塾式 入塾式・オリエンテーション
基礎講座
(1回目)
簡単な工作や実習を通して、精密測定器具の仕組みや測定値の扱い、有効数字など、必要な基礎知識を学ぶ。
8/31
(土)
基礎講座
(2回目)
簡単な工作や、小さなコンピューターを使ったプログラミングの実習を通して、物理量の間接測定、プログラミングの基礎などについて学ぶ。
9/14
(土)
総合的学習
(1回目)
様々な分野にかかわりを持つテーマとして、「防災」について学習する。自然災害の発生メカニズムや被害を防ぐための仕組み、放射線の基礎と原子力防災などについて学ぶ。
9/28
(土)
総合的学習
(2回目)
様々な分野にかかわりを持つテーマとして、「エネルギー」について学習する。スターリングエンジンの製作や、簡単な発電実験などを通してエネルギーについて学ぶ。
10/12
(土)
課題学習
(1回目)
テーマの異なる4コースに分かれて、全3回で課題解決型の学習を行う。
1. 設計コース:製図について学習し、輪ゴムを利用したロケットのアイデアを考えて図面を作成し、工作を行う。
2. AI・IoTコース:IoT技術を学び、プログラミングを用いて身近な課題の解決のための開発を行う。
3. ロボットコース:プログラミングによるロボット制御について学び、課題をクリアするためのLEGOロボットの作製を行う。
4. 建築・防災コース:各回で、住宅の設計・水災害・水質浄化に関する3つの課題に取り組む。
※受講生の希望調査によりコース分けを行いますが、希望者多数の場合はご希望に添えない場合もあります。
10/26
(土)
課題学習
(2回目)
テーマの異なる4コースに分かれて、全3回で課題解決型の学習を行う。(2回目)
11/9
(土)
体験型学習 京都市内にバスで移動し、研究施設の見学や科学イベントへの参加を行う。
11/23
(土)
課題学習
(3回目)
テーマの異なる4コースに分かれて、全3回で課題解決型の学習を行う。(3回目)
12/7
(土)
特別講義 招待講演、研究者倫理の講義を通して、研究に取り組むための心構えなどを学ぶ。
10 12/21
(土)
成果報告会
修了式
本プログラムで学習したことと、これから研究してみたいことを各自がまとめ、発表を行う。